東北の旬の味をお届けします!宮城県特産品市場
    HOME   お問い合せ   サイトマップ


秋保
    秋保とは  観光名所  厳選特産品
秋保とは
秋保町は仙台市の西部に位置し奥羽山脈を境に山形県に接している観光の町です。 その昔平家の落人達が住み着いたと言われ、長袋の向泉寺には、平重盛の守本尊と言われる小松阿弥陀如来がまつられています。 秋には色とりどりの紅葉が見られる他、温泉街としても知られています。
観光名所
秋保温泉
名取川の上流にあり、仙台の奥座敷というべき温泉郷です。 古くは「名取の御湯」とも言われ、有馬温泉・道後温泉と並んで日本三名湯の1つと称されていました。 また鳴子温泉・飯坂温泉とともに奥州三古湯の1つにもなっています。 大型の温泉施設が多く立ち並び各、宿で日帰り入浴することもできます。 秋保温泉多くの宿に大浴場の他に露天風呂があり、食事と入浴が一緒に楽しめるプランを設けているところもあります。
泉質:含塩化土類食塩泉
効能:リューマチ・神経痛・創傷・皮膚病・貧血・婦人病など
温度:24〜60度
交通案内
JR仙台駅車約30分
仙台駅西口バスプール約50分秋保文化の里センター下車
秋保文化の里センター
観光情報の他、秋保の歴史や伝統を知ることが出来ます。 現在では廃線となっている秋保電鉄の歴史や資料、仙台箪笥などの伝統工芸品などが展示しており、情報端末や茶屋もあり秋保観光の拠点とも言うべき施設になっています。 日曜日ごとに様々なイベントが行われ、家族連れで楽しめるものも多く行われています。
交通案内
JR仙台駅車約30分
仙台駅西口バスプール約50分秋保文化の里センター下車
秋保大滝・秋保大滝不動堂
秋保大滝は国の名勝、名滝に指定され名取川の上流部にあり高さ55m幅6mの豪壮雄大な滝です。 那智の滝・華厳の滝よりも規模では劣りますが、三大大滝の1つとして知られています。 秋保大滝不動堂は山形の立石寺の奥の院とされ円仁が東北巡行の時に建立したと伝えられています。 本尊は円仁作といわれていますが現在の不動尊は江戸時代に知足によるものです。
交通案内
仙台駅発→JR仙石線下馬駅行き(所要時間:約25分)
下馬駅より宮城交通下馬バス停まで徒歩約10分
バス下馬発→七ヶ浜国際村行き(所要時間:約20分)
二口峡谷県立自然公園
蔵王国定公園内にある地域で名取川上流の峡谷一体の地域です。 二口峠は山形市との境にあり秋保大滝から二口峡谷を経て山形と山寺に行く道の2つに分かれていることから二口の名前がついたと言われています。 峠の入り口には二口御境目番所跡があり、名勝盤司岩、国の天然記念物姉滝など見所が多くあります。 二口峡谷の入り口には、二口温泉やキャンプ場などがあり、野外レジャーをするのに絶好の場所です。
交通案内
JR仙台駅車約70分
JR仙山線愛子駅バス約1時間終点下車
厳選特産品
「宮城県産牛・豚肉」

宮城県の緑豊かな自然の中で健やかに育て上げられました。

商品の詳細を見る


会社概要 | お支払いについて | 特定商取引法に基づく表記 | プライバシーポリシー